09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ホワイトニングのトレー作り

2009/04/22
こんにちは。ほりねこです。

開院1周年記念メニューとしてホワイトニングを

通常の半額以下でキャンペーンしているおかげで、

ホワイトニングの依頼が増えてきました。

キャンペーンのホワイトニングは自宅で2時間ぐらい

漂白剤を使ってもらうホームホワイトニングという

やり方です。

漂白剤はゲル状になっていてシリンジに入っています。

歯型をとって患者さんの葉の形に合ったトレーを

作ります。

このトレーの中に漂白剤を入れて、マウスピースを

はめたような状態で歯の表面に漂白剤を作用させて

いきます。



今日はホワイトニングをするときに使うこのトレーの

作り方をご紹介します。

まず歯型を取って石膏で模型を作っておきます。

こんな機械を使います。

090422_1605~01

下の部分に模型をセットします。

090422_1605~02

無数の穴はバキュームになっています。

090422_1606~01

材料の高分子シートです。
大きさは10×10cmくらい厚みは2mmくらいです。

090422_1608~01

このシートを・・・

090422_1608~02

こうやって挟み込みます。
わかりますか?

シートの上部にヒーターがついてましてスイッチを入れると熱くなります。
波型の部分が熱くなります。

090422_1608~03

では、スイッチを入れてみましょう。
しばらくすると温められたシートがやわらかくなります。

090422_1609~01

模型の上野部分に注目。

090422_1610~01

シートがやわらかくなって重みで下にさがってきました。
でもここで慌ててはいけません。

090422_1611~01

おーっと。もう限界かと思った時にシートを模型の方へ
降ろしバキュームのスイッチを入れます。

090422_1611~02

轟音とともに下からバキュームで吸い込んでいます。
そうすることで軟らかいシートが歯の形どおりにぴったり吸いつきます。

090422_1613~01

冷えたらバキュームのスイッチを切ります。
模型にシートがくっついている状態です。

090422_1613~02

近くで見るとこんな感じ。

4221.jpg

適当な形に切りとったら完成です。
後はこの中に漂白剤を入れて使ってもらいます。

キャンペーンは25日まで。
通常36500円のホワイトニングが15750円です。
スポンサーサイト
17:10 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。