07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

かぶせた歯が取れた後・・・

2009/04/17
おはようございます。ほりねこです。

朝仕事場に来るときはどんよりと曇ってましたが
今では(10時過ぎ)いい天気になってきました。

銀歯が外れたときによくほっぺたを噛んでしまうことがありませんか。
特に奥歯のかぶせものが外れたときにはそのまま放置していると
しょっちゅう頬を噛みます。
噛んだ所から雑菌が入ると傷の治りが悪くなりますので、
うがいをして出来るだけきれいにするようにしてください。
また、同じところを長年にわたって何回も何回も噛んだり傷つけたりすることは、
危険なこともあります。
傷がガン化する恐れがあるのです。

ほりねこの母親も舌先をしょっちゅう噛んで血まめがよくできていました。
40代後半の頃、舌の血まめができてたところに白板症という病気ができました。
これ自体は粘膜が刺激により角化してできる(乱暴な言い方をすると刺激を受けた
ところにタコができるのと似ています)病気なのですが、前がん病変とも
言われています。
白板症は、傷だけでなく、煙草やアルコールによって長年粘膜を酷使してきた場合も
できやすいようです。
この白板症のうち、5%くらいがガン化してしまうといわれています。
うちの母親の場合、その5%に入ってしまいました。
直径1センチほどの舌がんができてしまい、放射線治療と外科手術で機能的には
ほとんど影響ないくらいまで治りました。しかし1年後にリンパ節への転移がわかり
今度は首の下のリンパ節を取り除く手術を受けました。
幸いその後は定期健診では異常もなく10年以上暮らしていますが、これも早期発見・
早期治療できたおかげだと思っています。

うちの母親の場合、銀歯が取れたのを放置していたわけではないのですが、
長年慢性的な傷を舌に作っていたのが原因です。
ほっぺたを噛み続けるのも同じことです。
歯が外れたくらいと放置しないで、早めに治療を受けてください。





スポンサーサイト
11:26 歯科 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。